人生山あり谷あり

いろいろあるのが人生だよね

黒沢恵実の過去の経歴

自己紹介がてら、私の過去について書きました。お茶のお供などにお読みくださいませ。

生まれ・幼少の頃

私は埼玉県熊谷市の田園風景に囲まれた田舎で生まれ育ちました。
今はかなり人口も増えましたが、昔はほとんど田んぼばかりでした。
父は酒飲み、母は父の顔色を伺う気の小さな人でした。
このように書くと不幸せな幼少期のように聞こえますが、それだけではありません。幸せだった記憶もあります。
しかし生育環境は、私に自信を与えてくれるものではありませんでした。
そのことが、セルフブランディングを始めた理由の一つでもあります。

セルフブランディングを始めた理由

自己のブランディングを決意したのは、とある会社との出会いでした。
Twitterをしていた関係で知り合った社長の会社にアルバイトとして入社したことでした。
その会社はコンサルティングを主とした会社で、威厳や評判、体裁といった事柄と切っても切り離せない業務にありました。
これまで働いた会社では、自分自身が直接売り上げに関与するような仕事はありませんでしたが、この会社に入社したことで自分の働きが売り上げに直結していること、場合によっては己の振る舞いが、会社の価値に影響を与えることを知りました。
そこで私は自己価値を上げることが、会社の価値を上げることと繋がっていると気づいたのです。

自分に自信を持てなかった頃

元々私は自己価値感、自己肯定感の低い人間でした。そのために理不尽な扱いを受けてきたこともありました。しかし憤るどころか、それが当然のこと、普通のことと捉えていたのです。
そんな私の過去はトラウマばかりでした。
トラウマを思い出しては震え、涙を流し、布団の中でうずくまって動けないで過ごした時間も多くありました。
このような時、自己価値などは意識していませんでした。ただひたすら仕打ちに耐え、己の無能さばかりを悔やんでいました。しかしそれは実は私が無能だった訳ではなく、自分の価値を低く見積もっていたことが原因だったのです。

慣れるのが早いが、飽きっぽい性格

私は割と器用で、物事を始めてから慣れるのが早い方です。むしろ、長く続けることが大変でした。長く続けていれば、どんなに新鮮に思えていたことも、いつかは慣れ、色あせて思えるものです。これはまた、私が自分の学歴にコンプレックスを抱いていて、部署移動などのないアルバイト、非正規雇用でばかり働いてきたことも無関係ではないでしょう。社員であったなら、部署の移動や昇進など、新しいことに挑戦する機会も与えられていたことでしょう。

社会に出てからのこと

ざっくばらんに書きますと、私は大学を中退しています。大学3学年の時に統合失調症という病にかかり、さらには父を病気で亡くしました。経済的に頓挫し、精神の調子もすぐには回復せずアルバイトをしましたが多額は稼げず、何年も休学した後に退学しました。

社会人として自覚できるような働きが初めてできたのは、派遣社員としてコールセンター、テクニカルサポートの部員として勤めた時です。この時初めてパソコンというものに興味を持ちました。熱心に仕事しましたが、3年近く勤めると、さすがに飽き、別の道を探すようになりました。契約社員としてテクニカルサポート窓口のリーダーを担当する仕事に転職しました。しかしここでも、一年もすると情熱が醒めてしまい、さらには出世することに興味が持てず、夜間学校でプログラミングを習い始めました。会社からは了解を得ていたはずですが、夜間学校の件を無視して残業を強いようとする上司に嫌気が差し、勉学に専念すると伝え会社を辞めました。

大きな転機となったのは、現在はテレビ番組のスポンサーも務めるような大会社になった、サイゲームスの創業期に業務委託としてシステム管理の部員を勤めたことでした。この会社で様々な経験をさせていただきましたが、金の力や人の怖さを嫌というほど学びました。

上の会社を辞めた経緯は私を傷つけるものでした。そのため3ヶ月ほど寝込み、心の中は恨みで焼き尽くされそうでした。

再生・再起動

しかし私は終わりませんでした。自分自身がトラウマから人間不信に陥っていることに気づき、EMDRという画期的なトラウマ解消法を見つけました。この治療法で多くのトラウマを解消し、今のように自分のメンタルを自分で律することができるようになりました。しかしまだ治療中のトラウマもあります。継続して心理カウンセラーに通っています。

この頃しばらくの間無職でした。いろんなアルバイトに挑戦しましたが体力的に続かず、精神障害の年金を申請して、そのお金でなんとか生計を立てながら、ブログを書くようになりました。ブログを書くことは、初めはリハビリのつもりでしたが、ブロガーさんとコメントでやり取りしたりするうちに、次第に楽しみになっていきました。
この頃スピリチュアルな能力が開花していて、相手の考えていることが読めたり、守護神の存在を感じることができるようになっていました。この能力を活かして仕事にしたいと思い、インターネットでお試しで依頼を受けながら、Twitterで宣伝を始めました。
上のアカウントとは別に、心理カウンセラーになりたいという気持ちがあり、心理カウンセラーを目指すアカウントも開設しました。このアカウントの発信で、コンサルティング会社のアルバイトを引き受けるきっかけとなりました。

自分の価値を、自分で決める

自分の価値は人が決めるようでいて、自分が決めているところがあります。
自分が自分のことを糞だと思っていると、そういう環境が出来上がります。
自分をどう思っているか、それは生育環境が大きく関わっているので、その点を踏まえると、健全な自己価値感を得られなかった場合に関しては、私は心が痛みます。
しかし自我が形成されている人なら、それまでの自己価値感を変えていくことができます。自分の振る舞いを、自分で選択できます。

どうせなら良い人生を送りませんか。良い人生を送りたいですよね。
そのために、もしもあなたが自分のことを誇りに思えないのであれば、私にお手伝いさせてください。あなたらしい、新しい在り方を一緒に探すことをお手伝いします。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。また来てくださいね🤗

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です