そもそも一体、コーチングって何?

考える女性
コーチングって聞くけど、一体何?

考える力を引き出すのが、コーチング。

「コーチング」を私は10年以上も前に習いました。「コーチング」は日本では、経営層やマネジメント層の間で用いられるようになった部下指導方法です。この「コーチング」という言葉を耳にする方は、ここ最近増えてきたのではないでしょうか?ここでは「コーチング」について、どのようなものかを知っていただきます。

スポーツのコーチとは違う、コーチングの「コーチ」

「コーチ」と聞くと、スポーツでいうフォームなどを教える「コーチ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?スポーツの「コーチ」では、考え方というよりはフォームなどの実務的な部分を教えます。しかしコーチングの「コーチ」は主には「教える」ことをしません。ひたすらクライアントに考えさせるための「効果的な質問」を繰り返します。それはなぜなのでしょうか?

考える力を鍛えるために、コーチングがあります。

コーチはあくまでクライアントが考えるための力を鍛えるために存在します。ですから、「このような時はこうすればいい」等の具体的な指示はしません(場合によります)。教えることは差し控え、まずはクライアント自身に考えていただき、クライアントが最適だと思える解を導き出していただきます。そのために、クライアントに考える力をつけさせるための「効果的な質問」をすることが、コーチの主な仕事になっています。

なぜ「考える力」をつけることが必要なのか

人生は選択の連続です。もしもそれらの選択をいちいちコーチに伺っていたならそれは「コーチの選択した人生」になってしまいます。「クライアントの人生」を生きるには、クライアント自身の人生として、主体的に取り組む必要があります。ですからコーチではなく、クライアントの心で感じて、クライアントの頭で考える必要があります。クライアント自身の人生を歩むために、「考える力」を鍛えることが必要なのです。

まとめ

困った時に、人からアドバイスをもらうのは良いのですが、もらったアドバイスでばかり動いていては、その人の人生になりません。その人自身の人生の良さを引き出すために、自分自身で考えて答えを導き出すことが大切です。
また部下が細かなことまで何でも上司に確認していたら、上司は業務過多で疲弊してしまいますよね。上司に尋ねなくても自分の裁量でできる部分は、自分で自覚できる必要があります。
あなたの人生は、自分の意思で生きている自覚がありますか、そうであればいうことはありません。もしそうでないのなら、コーチングを受けることを考えてみるのも一つかもしれませんね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。またきてくださいね☺️

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です